Skip to content

紙袋を作ってみるのなら

普段の生活で、商品を購入したりする際に袋に入れてもらうという機会がかなりあることでしょう。

それはビニールの袋であったり、紙の袋であったり、布の袋であったり、いろいろなタイプがあるのですが、買い物をした時にはほとんどが無料でもらうことができます。

ただ、スーパーなどではエコバッグを推進する動きがあって、有料になることも今はあるのです。

そういった袋を生活に活かすことができるようになっているものなのです。バザーなどでも商品を持ちかえるのに提供することがあるのですが、どこの袋であっても再利用はできるのです。ただ、自分で紙袋を作ってみようと思ったら、どのように考えていけばいいのでしょうか。

時には自分の好みで袋を作ってみたいと思うことがあるかもしれません。お店でもらった紙袋をアレンジしていくのもいいでしょう。無地などであれば、それにシールやステッカーを貼ったり、リボンなどをつけたりすることで、自分の好きな雰囲気の紙袋に変えることができるでしょう。

また、100円ショップなどに売っているものであっても自己流にしていくこともできます。スタンプを押したり、色紙を貼ったりすることでもラッピング袋に変身させることもできるのです。自分で一から袋を作るということもできます。

少し手がかかるものではあるのですが、一枚の紙を折って紙袋の形に仕上げていき、紐やリボン、ロープなどで持ち手を作っていくと、世界でたった一つの自分の紙袋を作ることができるのです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です