Skip to content

300円で紙袋を綺麗に収納

洋服や食器、家電製品などを購入すると貰う紙袋。

持ち帰った後は、手荷物が多くなった時の簡単なバッグになったり、知人に物を差し上げる時に登場していますが、
自宅の片隅には、大中小問わず山積みになっているお宅が大変多いのです。

なんと、かさばっていた紙袋を人目につかず、邪魔にならない収納が300円で出来てしまいます。

まずバーベキュー用の網を1枚、つっぱり棒を2本用意します。押入れの天井部分に上から約15センチの余裕をもたせて奥と手前に1本ずつつっぱり棒を付けます。

その上にバーベキュー用の網をのせたら完成です。デッドスペースになっていた押入れの天井が、収納棚に早変わりします。

作業開始から完成まで3分とかかりません。材料は全て100円均一で購入できるのも魅力です。

また、紙袋をリメイクするのもお薦めです。ティッシュボックスの一番上を切り取り、周りに紙袋を貼り付けていきます。ここでポイントなのは、袋にある柄やブランド名を中央にもってくることです。これで可愛い小物入れの出来上がりです。そして最後に、一般的な使用例です。

お裾分けや使わなくなった物を差し上げる時に、サイズだけ気にする方がとても多いのですが、注意するのは元に何が入っていたかなのです。

食品を入れるのに靴を購入した時の袋だったり、100円均一のものを高級ブランドの袋だったりするのは、貰う手を気にさせてしまう危険があります。中身に合った袋を使用するのを心掛けるべきなのです。捨てるのは勿体無い紙袋ですが、活用や収納次第でもっと活躍の場が広がります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です