Skip to content

オリジナルの紙袋を作る方法とは?

バッグに入りきれない荷物を入れて持ち歩くのに非常に重宝するのが紙袋です。

使用しない時には畳んでコンパクトに収納できる上に、軽くて丈夫だというメリットもあります。何かと便利な紙袋は、オリジナルのデザインで制作することも可能です。
お好きな柄の包装紙を折ってのり付けするというのが、最も手軽な作り方です。

厚みをもたせたい場合には、別紙で同じものを作って貼り合わせてあげましょう。

パンチで穴を開け、持ち手にお好みのリボンや紐を通してあげれば完成です。マチの部分に補強テープを貼り、底板代わりに厚紙などを敷いておけば、より強度も上がります。
穴の周りをハトメで補強しておくのもおすすめです。

また、オリジナル紙袋の制作を行っている企業に依頼するという方法もあります。デザインにもよりこだわって制作することが出来ますし、より高い品質のものに仕上がります。

袋のデザインだけでなく、大きさや素材、加工方法なども選ぶことが出来ます。
同じデザインのものを大量に作りたい時にもおすすめです。

イベントや説明会といった様々な催し物を開催する際、いらっしゃった方々に書類や記念のグッズなどをお渡しすることもよくあります。

そんな時にノベルティとして手軽に持ち運べる紙袋が用意されていると、非常に便利で喜ばれるものです。
オリジナルの企業ロゴやイラストなどが施されているものならば記念にもなりますし、ちょっとした広告代わりにもなるのでおすすめです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です